板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

経営者の良きパートナーとしてお客様の夢をサポートします!! 税理士法人 大橋会計 都営三田線 志村坂上駅より徒歩1分

無料相談実施中 0120-916-740 受付時間 9:00-18:00(平日)つながらないときは03-3966-0826へ

  • HOME
  • 私たちのこと
  • サービスのご案内
  • 私たちの実績
  • 採用情報
  • お問合せ
  • HOME
  • 事務所通信
  • 決算の基本の「き」を学ぶ ~損益計算書作成の4つの原則~

決算の基本の「き」を学ぶ ~損益計算書作成の4つの原則~


会社が自社の現状を知るためには会計が必要です。そして決算を行う(決算書を作成する)ことで、数値を自社
で利用したり、金融機関など外部へ公開したり、税務申告に役立てます。決算書は正しいルールに従った会計
処理に基づいて作成されることで、正しい経営判断ができ、金融機関等から信頼性のある決算書として評価され
ます。

損益計算書は、会社の1年間の儲けを表すもので、その作成にあたっては4つの大きな原則があります。
 ①発生主義の原則
     収益と費用は、現金の収支に関係なく、発生した事実に基づいて処理します。
 ②総額主義の原則
    
費用と収益は、それぞれ総額で記載します。
 ③費用収益対応の原則
    
費用と収益は、その発生源泉に分類して、相互に関連のある費用と収益を対応させて表示します。
 ④実現主義の原則
    
収益は、販売の事実があり、対価として現金や売掛金などの貨幣資産を受領した事実があったときに認識
     します。

これらの原則に基づいて損益計算書が作成されることで、勘定科目ごとに集計された収益と費用を表示し、そ
の差額である利益をいくら獲得したかを確認できるのです。

事務所通信下のやつ.png