板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

経営者の良きパートナーとしてお客様の夢をサポートします!! 税理士法人 大橋会計 都営三田線 志村坂上駅より徒歩1分

無料相談実施中 0120-916-740 受付時間 9:00-18:00(平日)つながらないときは03-3966-0826へ

  • HOME
  • 私たちのこと
  • サービスのご案内
  • 私たちの実績
  • 採用情報
  • お問合せ

貸倒損失の税務の基礎知識


売掛金や貸付金などの金銭債権が、相手先の倒産などで回収できなくなることを「貸倒れ」といい、費用(損失)
計上できます。

その場合「貸倒損失」として処理することになりますが、税務上は、①法律上の貸倒れ、②事実上の貸倒れ、
③形式上の貸倒れ、の場合にのみ損金算入が認められる
ため注意が必要です。

貸倒れの発生は、資金繰りにも悪い影響を及ぼします。貸倒れを回避するためには日頃から以下のような対策
を実施しておきましょう。
1.新規の取引先へは、少額の取引から始める
2.定期的に債権管理を行う
3.取引先の動向に注意する
4.社内で情報を共有する

事務所通信下のやつ.png