板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

遺留分に関する民法特例

2018/12/06

こんにちは。大橋会計の山下です。
 
最近は何かと話題の事業承継税制について書きたいと思います。
 
事業承継税制を利用し、生前贈与で後継者に株を移します。
 
その際に贈与税の納税猶予を受け、相続が発生した場合は相続の納税猶予に切替て増税猶予を継続していく形が通常かと思います。
 
相続になった際は遺留分でもめるケースも想定され、そうならないように遺留分に関する民法の特例が存在します。
 
除外合意と固定合意がありますが、基本は除外合意になると思います。
 
除外合意とは後継者に贈与された自社株式を遺留分の算定の基礎となる相続財産から除外することを合意することとなります。
 
固定合意は遺留分の算定において合意時の評価額で固定することを合意です。
 
固定合意の場合は遺留分から除いているわけではありませんので、基本的は除外合意が望ましいと思います。
 
また、最近では相続時精算課税を利用した場合のデメリットも話題になっているようです。

軽減税率はすべての事業者に影響あり!!

2018/12/05

こんにちは。大橋会計の和田です。
 
軽減税率の対象品目は、次の2つです。
飲食料品…食品表示法に規定する食品(酒類を除く)をいい、テイクアウトや宅配等は含まれるが、外食やケータリング等は含まれない。
 
新聞…定期購読契約に基づく週2回以上発行のもの。
 
軽減税率は、飲食業や小売業、食品卸や食品製造業など飲食料品を販売する事業者だけでなく、ほぼ、すべての事業者に影響します。
 
事業者は、飲食料品・新聞に適用される8%の税率(軽減税率)と、それ以外に適用される10%の税率(標準税率)とに分けて、商品管理や経理処理を行うことになります。
こんにちは。大橋会計の和田です。
 
軽減税率の対象品目は、次の2つです。
飲食料品…食品表示法に規定する食品(酒類を除く)をいい、テイクアウトや宅配等は含まれるが、外食やケータリング等は含まれない。
 
新聞…定期購読契約に基づく週2回以上発行のもの。
 
軽減税率は、飲食業や小売業、食品卸や食品製造業など飲食料品を販売する事業者だけでなく、ほぼ、すべての事業者に影響します。
 
事業者は、飲食料品・新聞に適用される8%の税率(軽減税率)と、それ以外に適用される10%の税率(標準税率)とに分けて、商品管理や経理処理を行うことになります。

楽しいよりみち

2018/12/04

 こんにちは。藤岡です。
先週日曜、息子の試合帰り道に
手作りマーケット「にじいろ市」に偶然出逢い
よりみちをしました。

にじいろ市は、カフェの入り口スペースで開催されていました。
こちらのカフェは何度か立ち寄ったことがありとても素敵なカフェです。
にじいろ市は、毎月第一日曜日に開催されているようです。
各分野の作家さんが出展されていて、アクセサリーやお菓子、小物など
どのお店もほっこりと癒される商品ばかりです。

マーケットは屋外なので寒いのですが
炭のストーブとイスが置かれていて、私はホットジンジャーを飲みながら
無料のマシュマロを焼いて食べました。体もほっこり温かくなりました。

マーケットではグルテンフリーの米粉シフォンケーキを購入し持ち帰りました。
見た目は素朴なシフォンケーキでしたが、食べるとフワフワで何とも言えない優しい味♡
すごく美味しくて家では即完売!
もっと買っておけばよかったと後悔するぐらい美味しいシフォンでした。
池袋にお店があるようなので、機会をみつけて絶対買いに行く!と心に決めました♪
 
ほっこり楽しいよりみちです。

https://nijiilo1.exblog.jp/
https://www.nana-kitchen.com/
 

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.