板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

経営改善計画

2018/03/30

こんにちは。大橋会計の和田です。
 
中小企業経営を応援する最新の補助金等
  • 経営改善計画の作成を応援する
経営改善への取り組みが必要な中小企業が、認定支援機関の助言を受けながら、(1)経営改善計画及び(2)早期経営改善計画を作成する場合に、計画作成費用(モニタリング費用を含む)の2/3が補助されます。(上限20万円)
 
(1)経営改善計画策定支援
 借入金の返済負担等の財務上の問題を抱え、金融支援を含む抜本的な経営改善が必要な中小企業に対して、認定支援機関が経営改善計画の作成や金融機関との協議などを支援します。
 
(2)早期経営改善計画策定支援
 資金繰り管理や採算管理など、基本的な内容の経営改善の取り組みが必要な中小企業に対して、早期段階において認定支援機関が簡易な経営改善計画の作成を支援するとともに定期的なモニタリングを行います。

ジャンプ展

2018/03/29

 こんにちは大橋会計の角田です。
急に暖かくなり今日は予想最高気温25℃と初夏を思わせる陽気ですね。
お日様は嬉しいのですが、この時期紫外線が強くなるので女性は対策が必要です。
 
現在学校が春休みでして、先日長男と六本木ヒルズで開催されている「ジャンプ展」に行ってきました。年代ごとに3期間にわかれており今回は2回目の1990年代の展覧会です。
一緒に見て回りましたが、1990年代というとわたくし社会人になっている歳でして当時少年漫画とは縁がなく正直見てもわからないものが多かったです。しかし、息子がどんなものに興味があるのかがわかり楽しそうにしているのを見て一緒に行って良かったなと思いました。
 
さて私のお目当ては、六本木ヒルズでのランチなわけですが(笑)、グルメバーガーがいいとリクエストがあったのでハンバーガーセットがあるイタリアンのお店でランチをしました。
せっかくなので毛利庭園で桜を見て帰りました。
とてもきれいに咲いていて、いいタイミングで行けて良かったです。
 
子供が中学に入り親子で出かけることはほとんどありませんが、今回一緒に出かけることができ良かったと思います。

創業時の融資

2018/03/28

こんにちは。大橋会計の山下です。
 
最近は気候も暖かく、花粉さえなければ非常に過ごしやすい時期だなとしみじみ感じております。
 
創業時における資金調達について少し書きたいと思います。
 
資金調達は自己資金か融資、または出資を受けることで行います。
 
基本的には外部から出資を受けるケースは少なく、多くの方は自己資金のみ、あるいは自己資金+借入で事業を開始するケースがほとんどです。
 
借入を希望される場合には日本政策金融公庫の場合、創業融資には自己資金要件があるので自己資金の10倍が上限になります。ただし、10倍で借りようと思ったら事業計画がかなりしっかりしたもので実現性が相当高いと考えられるようなものではなりません。
現実的には5倍以下位で見ておいた方が良いかと思います。
 
また、創業の場合は銀行、信用金庫から借りる場合もあります。この場合は保証協会を通したものになります。ただし、東京では創業サポート事業を行っており、時間的に余裕がある場合はそういった制度を利用し低利かつプロパー融資で借りることを検討した方が良いです。

保証協会を通す場合は保証協会との面談もありますので計画書はきちんと自身でも把握しておきましょう。
 
公庫で借りる場合、他の銀行信金等で借りる場合においても重要になる点はほぼ同じです。
自己資金の準備、過去の信用情報に傷がないか、起業する事業の経験が十分にあるか。
 
この3点が特に重要になりますので、これから起業される場合はご参考にして頂ければ幸いです。

また、例えば日本政策金融公庫で借入をした後に資金的に不足が見込まれる場合に追加で信用金庫等から資金調達する事も出来ます。

そうなってしまった場合はあきらめずに資金調達を頑張りましょう。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.