板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

法律などで「適時性が求められている」

2018/09/06

こんにちは、大橋会計の鶴田です。

信用力の高い決算書とは、適時適正な記帳、中小企業のために会計ルールへの準拠、
そして、これに対する会計事務所の月次巡回監査の積み重ねによる結果
作成されたものです。今回はこちらをご説明致します。
 
まず、会社法では、会計帳簿の作成及び保存について下記の定めがあります。
 
会社法第432条(会計帳簿の作成及び保存)
Ⅰ.株式会社は、法務省令で定めることにより、適時に、正確な会計帳簿を作成しなければならない。
Ⅱ.株式会社は、会計帳簿の閉鎖の時から十年間、
    その会計帳簿及びその事業に関する重要な書類を保存しなければならない。
 

ここにいう「適時に」とは、取引が発生したら速やかにという意味です。
適時性を求めるということで、わざと数字を調整するといった不正が行われるということを
防ぐことを意図したものです。信用力のある決算書の基礎は「適時に正確な会計帳簿の作成」、
まさに恣意性のないありのまま記帳の積み重ねにあります。
 
そして次に重要なのが中小企業に関する基本要領についてです。
「中小企業に関する基本要領」は,平成24年2月に公表された中小企業のための会計ルールです。
ともすると会計ルールは大きな会社向けの複雑なものになりがちで、
中小企業でも簡単に利用できる会計ルールではありませんでした。
中小会計要領は中小企業の実態に即して作られた、中小企業経営者のための新たな会計ルールです。
中小企業が中小会計要領という中小企業の身の丈にあった、
中小企業のための使いやすい共通の会計ルールにしたがって、
会計を経営により活かしやすくなることが期待されています。
作成された決算書を信用力の高い決算書として取り扱うことになります。
この中小企業会計要領においても、適切な記帳が重要とされ下記のように定められています。
 

中小企業の会計に関する基本要領 Ⅰ.総論 8.記帳の重要性
本要領の利用にあたっては、適切な記帳が前提されています。
経営者が自社の経営状況を適切に把握するために記帳の重要である。
記帳は、すべての取引につき、正規の簿記の原則に従って行い、
適時に、整然かつ明瞭に、正確かつ網羅的に会計帳簿を作成しなければならない。

この中小企業のための会計ルールに基づいて決算書を作成するかが、
決算書の信用力に大きく関わってきますので、気を付けていきたいところです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

副業の税金 2

2018/09/05

こんにちは大橋会計の西脇です。
昨日の台風はすごかったですね。こちらの方は大きな被害が出ることなく済みましたが、今回の台風で被災された西日本の方々、心よりお見舞い申し上げます。
 
今回も前回に引き続き副業の税金についてのお話しです。
副業といっても様々な種類がありますが、今回は私のような社会人から学生や主婦の方も利用する機会が多くなった、ヤフオクなどのネットオークションやメルカリなどのフリマアプリで得た利益に対する税金についてです。
 
 
サラリーマンの方などの、給与を受取る場所が1カ所の場合、ヤフオクやメルカリなどで年間20万円以上の所得(所得=売上-仕入-経費)を得ると確定申告が必要となります。
 
また、学生や主婦の方で他に給与を受取っていない場合は、ヤフオクやメルカリなどで38万以上の所得を得た場合、確定申告が必要となります。学生や主婦と言っても、アルバイトなどで収入を得ている方は、サラリーマンの方と同様に、年間20万円以上の所得を得ると確定申告が必要になるので注意が必要です。
 
では、売ったものは何でも所得になるのかと言うとそういうわけではありません。「何を売ったのか?」が重要になります。
 
一般の方が多くやり取りをする「生活用動産」は非課税になります。
生活用動産とは、自身が使用していた衣類や小物など、生活をする上で使っていたモノ、家の中に眠っていた不用品などが該当します。これらはいくら売って所得を得たとしても非課税となります。
 
ですが、商業目的で仕入れて取引したものや、ハンドメイドの作品を販売する場合は課税されます。また、1個あたりの価格が30万円を超える、宝石や貴金属、美術品なども課税されるので注意が必要です。
 
 
以上のことに注意してオークションやフリマを楽しんでください。

9月から変わる郵便サービス

2018/09/04

 こんにちは、大橋会計の森山です。
 
 9月になりました、新学期です。夏休み期間中、働くママたちはお弁当作りなどいつも以上に大変だったと思います。ほっとされている方も多いのではないでしょうか?
子供たちも暑さに負けず新学期を頑張って通学してもらいたいところです。
 
さて、9月から変更となる税法改正などを調べてみましたが、特にはなく・・・
生活上でのサービスの変更点の一つをご案内します。
 
まず、私たちの身近なサービスである郵便局でいくつかの変更点があるようです。
・ゆうメールの規格外の廃止・・・これは発送側にとっては実質の値上げとなります。
 使えないとなると、『定形外郵便』かサイズや重さによっては『ゆうパック』を使うことになるようです。
 
・ゆうパックの配達希望時間帯に『19時~21時』というのが登場したり、再配達希望時間帯が細分化されたりと、便利になりそうです。また、再配達場所として勤務先やコンビニ(ローソン・ファミリーマート・ミニストップ)なども指定できるようになるようで・・
 
昨今では共働きが増え、ネットショッピングの普及で配送スタッフの負担は重くなるばかりです、郵便局のサービスもこれからどんどん進化していくのでしょうね。
この他にも9月から変わる郵便局のサービスがありますので、ぜひ調べてみてください。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.