板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

2019年が始まりました

2019/01/07

新年あけましておめでとうございます。大橋会計の西脇です。
2019年最初のブログなので、今回は2019年税制改正についてお伝えします。
今年も様々な改正がありますが、全てはお伝えできないので、身近なものについて一部抜粋してお伝え
します。
 
①住宅ローン控除の控除期間は3年延長
現行では住宅ローン減税を受けることができるのは10年間ですが、消費税増税後に取得した住宅
(消費税率10%が適用されるものに限ります)については、13年間控除を受けることができるように
なります。
適用期間は 2019年10月から、2020年12月末までの入居者が対象です。
 
②車体課税の見直し
排気量に応じて自動車税がかかりますが、最大4,500円減税されることになります。割合は排気量が
少ないほど減税額が多くなり、逆に排気量が多いほど減税額が少なくなります。6,000㏄を超えると
減税額が0円となります。
また、自動車取得税が廃止となり「環境性能割」が新税として導入されます。これは燃費の良し悪しに
よって変わってきます。
 
③消費税率の引き上げ
みなさんご存知の通り10月1日から消費税が増税となります。
消費税率が8%から10%に引き上げられます。また、食料品及び定期購読の新聞等については
軽減税率の8%が適用されます。
 
その他にも様々な改正がありますので、また機会があればお伝えします。

皆様どうぞ良い年をお迎えください

2018/12/27

 こんにちは。大橋会計の森山です。
 
 平成最後の大晦日まで残りわずかとなりました。皆様の平成30年はいかがでしたでしょうか?来年の今頃は一体どんな年号を名乗っているのでしょうか?
 2019年10月にはいよいよ消費税が10%になります。と同時に軽減税率制度が導入されます。我々税理士法人の職員にとっても大変な負担になると思われます。
 皆様の質問や不安にスムーズに対応できるよう、頑張って精進していく所存です。
 
この一年大変お世話になりました、良い年をお迎えください。
そして来年もどうぞよろしくお願いいたします。

親の心子知らず。。。

2018/12/25

 こんにちは大橋会計の板橋です。
今日は区内公立学校の終業式です。
我が家は中学3年の受験生がいるのですが、2学期は学校見学や説明会など動き、模擬テストを何度も受け一喜一憂していました。それもあっという間に過ぎ志望校を固める頃になりました。
この3連休も、志望の学校に行きいろいろと相談をしてきました。クリスマス感ゼロです(笑)。
息子本人もですが、私も第1子の受検なのでわからないことが多く日々悩んでいます。
20年以上前の自分の頃とは違いますから(笑)。
息子と話す中で意見の食い違いで衝突することも多々あります。
 
自分が中学3年の受験生だったとき親はどんな気持ちだったのかと、考えることもあります。
今となっては、勉強しないは親の言うことは聞かないはで反省しかありません(笑)。
親の心子知らず。と言いますが、自分が親になって気づくことの一つです。
今の息子には伝わらなくても親になった時に気が付いてくれるだろうと思います。
年が明けてから2か月間、親子でがんばります!

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.