板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

七五三

2017/11/14

こんにちは。大橋会計の中井です。
 
土曜日、区内西台の天祖神社へ七五三のお参りに行きました。
住宅街の中にある神社ですが、
境内は大木に囲まれていてとても静かな場所です。
 
拝殿で宮司さんに祝詞をあげてもらい、
子供の手から神前に玉串を捧げ、無事にご祈祷がおわりました。
そういえば3歳の時は、ご祈祷の雰囲気が怖かったようで「こわいっ」とか
「ねぇま~だ~?ねぇ~」と足をプラプラさせながら言っていたのに、
7歳になった今は、祝詞の途中で自分の名前が読み上げられていたことに
気が付く余裕をみせつつ、頭を下げて大人しく聞いていました。
子供の4年間の成長はすごいのね!と、あらためて思いました。
(親の私は4年前より退化中なのに…(゚Д゚;))
 
七五三当日の11/15ですが、小学校給食は‘七五三の行事食’で
赤飯・あんかけ卵焼き・すまし汁を食べるそうです。
食事でお祝い事や季節を感じられるのはいいことです。

千葉県の清水公園に行ってきました

2017/11/13

 こんにちは。大橋会計の阪井です。
今朝は寒かったですね。日に日に、朝、お布団から出るのが辛くなります。
これからもっと寒くなりますね。防寒対策、始めなければ!
 
今日は先日行ってまいりました、千葉県野田市にあります清水公園についてお話
したいと思います。
清水公園はフィールドアスレチックや花園、バーベキュー、ポニー牧場などが
ある自然と触れ合える公園です。
以前から行きたいと思っていましたが、子供がフィールドアスレチックにチャレンジ
できる年齢になるまで待っていました。今回初めてアスレチックに挑戦です。
想像以上に難しいアスレチックが多く、私も子供の頃のイメージで挑戦しましたが
結果は・・・。単純な吊り橋のようなものも、渡り始めると高いし、揺れるし(当たり前
ですが)。
水上のアスレチックもありました。我が家は今回は挑戦しませんでしたが、見ていると
何人も池の中に落ちてずぶ濡れに。しかし、大人も子供もとっても楽しそうでした。
次は、着替えを準備して水上アスレチックに挑戦してみたいと思います。

一時的空室部分に当たらない空室期間

2017/11/10

こんにちは、大橋会計の鶴田です。
賃貸アパート、賃貸マンション等の敷地のある土地や、
その建物を相続した場合には、その貸家建付地、貸家の相続税評価は、
賃貸割合に応じて減額することが可能です賃貸割合は、原則として
「課税期間において賃貸されている各独立部分の床面積の合計」に基づき算定されます。
例えば引越しシーズンなどで、賃貸アパートや賃貸マンションのうちに、
一時的に空室である部分があった場合には、財産評価基本通達26より
「課税期間において賃貸されている各独立部分の床面積の合計」
について「課税期間において、一時的に賃貸されていなかったと
認められるものを含めて差し支えない」とされています。
 
この空室が一般的な空室と認められるか否かは、以下国税庁の質疑応答事例の
5つの要件に基づき、総合的に判断します。
  • 各独立部分が課税時期前に継続的に賃貸されてきたものかどうか
  • 賃借人の退去後速やかに新たな賃借人の募集が行われたかどうか
  • 空室の期間、他の用途に供されていないかどうか
  • 空室の期間が課税時期の前後の例えば一か月前程度であるなど一時的な期間であったかどうか
  • 課税時期後の賃貸が一時的なものではないかどうか
 今回、大阪高裁平成27年5月11日判決では、一時的空室であるか否かの判断に当たっては、
空室期間の長短は重要な要素であるとして、本件における空室の最短期間である
5ヶ月は1ヶ月程度の期間にとどまらないとし、一時的なものではなく長期間であるとのことから、
一時的空室に当たらないと判断しました。本件では、空室期間の長短は重要な要素である、
との見解が示されました。一時的空室の判断に当たっては、空室期間のみで判断されるわけではなく、
質疑応答事例に基づく5つの要件に沿って、あくまでも総合的に判断されることには留意が必要です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.