板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

年収と所得

2018/01/16

 こんにちは。大橋会計の森山です。
 
年末調整処理の真っただ中です。納期の特例を利用している事業者様の場合、半年に一度の源泉所得税の納付の時期が近づいてきましたね。今年は1月22日(月)が納付期限となっています。
 
子供の学費等に対する補助金の申請などの書類には、『年収』とか『所得』などのキーワードが並びます。経理関係者であればこの違いが分かるのですが、一般の方にはわかりづらく混乱してしまい、表を見間違うこともあるかもしれません。
 
『年収』・・・いわゆる額面。控除される前の金額であり、源泉徴収票の支払金額の欄に記載されているものです。
 
『所得』・・・年収から一定の金額を控除した額で、源泉徴収票であれば給与所得控除後の金額という欄にあります。自分の所得を知りたい方は源泉徴収票で確認したり、ネットで『○○年分の年末調整のための給与所得控除後の給与等の金額の表』で確認してください。
ちなみに給与が1,619,000円までは651,000円を控除した金額が給与所得控除後の給与となり、給与が651,000円未満だと所得は0円となります。

身の丈にあった借入とは?

2018/01/15

こんにちは。大橋会計の和田です。
 
会計上の損益が赤字になっても、すぐに倒産することはありませんが、赤字が続くと、やがて資金不足に陥り、破綻に追い込まれてしまいます。資金不足にならないためにも、黒字経営で利益を増やすとともに、運転資金の調達や借入金の返済額とのバランスを考えた、自社の身の丈にあった借入をしましょう。
 
自社の借入金対月商倍率は?
 身の丈に合った借り入れを考える指標の一つに、借入金が月商の何倍あるのかを示す「借入金対月商倍率(月)があります。
●計算式
借入金対月商倍率(月)=借入金÷年間売上/12
 
業種によって異なりますが、一般的に、3ヵ月以内ぐらいが適正とされ、6か月を超えると危険水域と言われています。

グッドミート・バル

2018/01/12

 こんにちは大橋会計の角田です。
 
今日は赤羽にある「グッドミート・バル」をご紹介します。
赤羽でバル系のお店を探していたところ、食べログの評価が高く卸肉業者直営ということで決めました。
 
バルに行くと必ず注文する鶏白レバーのムースから始まり、ミルフィーユオムレツ、本日のピクルス、ラム肉の赤ワイン煮込パイ包、そして本日のおすすめメグリルを頂きました。
おすすめグリルは牛・豚・鶏の3種をいろいろなソースで頂きます。
お腹がいっぱいになってしまい、最後パスタが食べられなかったのが残念ですが、アラカルトでいろいろなものを少しずつ頂けて大満足です。
 
「せんべろ」と言われている赤羽ですが、素敵なイタリアンバルも多くありそうなので探索して行きたいと思います。

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13128179/

http://www.goonies.co.jp/goodmeatbar/

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.