板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

5か月の空室期間は空室部分にはならない

2017/09/13

こんにちは、大橋会計の鶴田です。
今回は空室期間についてご説明いたします

賃貸アパート、賃貸マンションなどの敷地である土地や、その建物を相続した場合には、
その貸家建付地、貸家の相続税評価額は、賃貸割合に応じて減額することができます。
賃貸割合につきましては、原則では
「課税期間において賃貸されている各独立部分の床面積の合計」に基づいて算定されます。

例えば引越しシーズンなどで、賃貸アパートや賃貸マンションのうちに、
一時的に空室である部分があった場合には、
「課税時期において賃貸されている各独立部分の床面積の合計」について
「課税時期において、一時的に賃貸されていなかったと認められるものを
含めて差し支えない」とされています
-財産評価基本通達26より-。
 
この空室が、一時的な空室と認められるか否かは、次の5要件に基づき、総合的に判断します。
一つ目が各独立部分が課税時期前に継続的に賃貸されてきたものかどうか。
二つ目が賃借人の退去後速やかに新たな賃借人の募集が行われたかどうか。
三つめが空室の期間、他の用途に供されていないかどうか。
四つ目が空室の期間が課税時期の前後の例えば1ケ月程度であるなど一時的な期間であったかどうか。
最後に課税時期後の賃貸が一時的なものではないかどうか。
-国税庁の質疑応答事例より-
 
今回、大阪高裁平成27年5月11日判決では、一時的空室であるか否かの判断に当たっては、
空室期間の長短は重要な要素であるとして、本件における空室の最短期間の5か月は
1か月程度の期間にとどまらないとし、一時的なものでなく長期間であることから、
一時的空室に当たらないと判断しました。
本件では、空室期間の長短は重要な要素である、との見解が示されましたが、
一時的空室の判断に当たっては、空室期間のみで判断されるわけではなく、
質疑応答事例に基づく5要件に沿って、あくまでも総合的に判断されることには留意が必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

加熱式タバコの税金について

2017/09/12

こんにちは、大橋会計の西脇です。
今年は長雨の影響もあり夏らしい夏ではなかったですね。
 
今回はたばこ税について。
先日とあるニュースがありました。加熱式たばこの税金に関しての記事です。
 
「紙巻きたばこから煙や灰が出ない「加熱式たばこ」に切り替える人が増えている影響で、平成29年のたばこ税の税収が前年より500億円以上減少する見通しであることが分かった。1箱当たりの税額が紙巻きより小さいのが要因。課税方法が維持され、現在のペースで切り替えが進んだ場合、20年には影響額が2千億~3千億円に拡大する可能性もある。
 新型たばことして最近普及し始めた加熱式は税法上「パイプたばこ」に分類。1箱当たりの税額が紙巻きより小さく、国内で販売されている3商品の間にも税負担に差があることが問題視されている。宮沢税調会長は「年末までに答えを出していかないといけない」と述べ、課税方式などを見直す考えを示した。」
産経ニュースからの引用です。
 
税率としては、
・従来の可燃紙巻きタバコの税率は63.1%
・フィリップモリスのアイコス(IQOS)のヒートスティックの税率は49.2%
・ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)のgloスティックの税率は36.2%
・JTのプルームテックの税率は14.9%
と、だいぶ開きがあるようです。
 
私はタバコを吸わない人間なので、増税で喫煙者が減ってくれると嬉しいのですが、喫煙者の方からすると耳の痛いニュースになりますね。

ホームパーティ

2017/09/11

 こんにちは。大橋会計の森山です。
 
 先日我が家で大学時代のサークルのメンバーを呼んでホームパーティーを開きました。
私と主人は同じ大学のスキューバーダイビングサークル仲間でもあるため、共通の友人が多くいます。今回は福岡で社団法人の代表をやっている女性の東京出張に合わせ、新居である我が家での開催となりました。
 長く海外に駐在していた先輩にも実に10年以上ぶりに再会することができ、これまでの仕事の話や海外生活の話などたくさん聞けて楽しい時間を過ごすことができました。
 世界で活躍しているサークルのメンバーの存在は、とても勇気づけられたし私も頑張ろうという気になりました。
 大学から遠く離れた東京でこうして皆で再会できるのはとても幸せなことです、実は私たちが学んだキャンパスはもう間もなく移転のためすべて取り壊されることが決まっているのです。
 娘の志望校の一つであるため先月家族でオープンキャンパスに参加したのですが、大学敷地内の建物はどんどん姿を消し、とても切なく寂しい気分になりました。かたや移転先のキャンパスは時代の最先端を行く立派なものへと変貌し、まるで別の大学に来たようでした。
 学び舎はなくなっても、こうして学生時代のメンバーとお酒を飲みかわせる関係をこれからも大切にしていきたいと思った一日でした。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.