板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

資金繰り表の把握

2019/01/28

こんにちは、大橋会計の鶴田です。
貸借対照表から資金繰り状況を把握することができますが、
では資金繰り状況をどのように読めばいいかをご説明いたします。
 
資金繰りは、損益の概念とは異なり、実際に資金が増減する動き、
すなわち通帳の資金の増減を表します。資金は、さまざまな資産に形を変え、
さまざまな支払いに充てられて支出します。また、資金は儲け分だけ増えながら
回収され預金に戻り、また借入金などの資金調達により手元に入ってきます。
その資金増減の理由、資金が増減するに至ったストーリーを貸借対照表科目の
2期比較から読み取ることができます。
 
資金の調達源泉を表している負債、純資産の部から前年同月との比較を見ていきましょう。
資金の調達源泉である負債科目の1年間の増減金額というのは、
新たに資金を借りた(調達した)金額資金、もしくは返した(返済や支払いをした)金額、
を表すことになります。
たとえば、借入金の科目残高が増加していれば、会社は新たな借入を行うことで資金を調達したことになり、
逆に減少していれば会社は1年間で借入金を返済し、
その分持ち資金を減少させる影響を与えたということが読み取れます。
また、純資産の部の増加は、新たに稼ぎだした利益を貯めこんだことで資金を調達した金額が表されています。
 
 
次に資金の運用形態を示す資産の部を見ていきましょう。
運用形態である資産の1年間の増減額というのは、他の資産から資金の姿に戻った金額、
もしくは新たに他の資産の姿に使った金額を表すことになります。
たとえば、棚卸資産の科目残高が増加していれば、会社は新たに資金を使って在庫を購入し
在庫を積み増したことになり、逆に減少していれば会社は在庫を圧縮して資金化し、
その分手持ち資金を増加させる影響を与えたということが読み取れます。
そして最終的に資金の残高がどうなったか、つまり資金が増えたのか、
減ったのかその増減金額が表示されます。
 
最後までお読み頂きありがとうございました。

2019年から変わるもの

2019/01/25

こんにちは、大橋会計の西脇です。
新年最初のブログを書いてから3週間弱。早いものですね。
 
前回の税制改正についての続きで、2019年から変わる物事についてお伝えします。
 
●国際観光旅客税の導入
観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための恒久的な財源を確保するために、「国際観光旅客税」が創設されました。「国際観光旅客税」は、原則として、船舶又は航空会社(特別徴収義務者)が、チケット代金に上乗せする等の方法で、日本から出国する旅客(国際観光旅客等)から徴収(出国1回につき1,000円)し、これを国に納付するものです。
対象は「日本から出国する旅客」とされているので、日本人が外国に行く場合だけでなく、外国人が本国に帰国する場合のいずれにおいても国際観光旅客税が課税されます。また、観光旅客のほか、ビジネスや留学、医療などの目的で出国する者も含まれます。
 
今年はGWが長く海外旅行を考えている人も多いと思うので、影響が大きそうですね。
 
 
●確定申告がスマホでできるようになる
今年からスマホによる確定申告が可能となります。パソコンを利用しての「e-Tax」は徐々に浸透しつつありますが、スマホでできるとなればより身近なものになると思われます。ただ、試験的な取り組みなのかスマホで確定申告ができる方は条件が限られています。一部抜粋してお伝えします。
1、サラリーマンやアルバイトなど会社から給与をもらっている給与所得者であること。
2、1の会社で年末調整を行い、追加事項がないこと。
3、源泉徴収票が1枚であること。つまり2カ所以上から給与を得ている場合は不可。
4、医療費控除かふるさと納税等の寄付金控除があること。または両方があること。
 
と、条件が限られてしまうのですが、今後少しずつ範囲が広がっていくと思われるので、まずは第一歩ですね。

自転車の練習

2019/01/24

 こんにちは。大橋会計の大坪です。
今日は風も強く、とても寒いですね。
 
先日、子供用の補助輪付き自転車を買いました。
外は寒いですが、幸い天気が良いため、毎週末公園に出かけて子供と一緒に自転車の練習をしています。
 
我が子は自分の足でペダルをこいで動けるのが楽しいようで、寒さも気にせず喜んで乗っています。
慣れてきたら補助輪も早めにはずせるかなと期待していましが、意外なことに、指が短いのかブレーキを上手にかけられず、乗れるようになるのはまだまだ先になるかもと思いました。
 
子どもに交通ルールを教えながら、歩道が広いか、坂道がなく平らで安全な道かといった視点からも近所の道を見るようになりました。
数年後になりそうですが、親子でサイクリングに行くのが楽しみです。
 
インフルエンザも流行っており、寒い日が続きますので、皆様、風邪等にどうぞお気をつけください。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.