板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

業績改善の着眼ポイントについて

2018/11/05

こんにちは、大橋会計の鶴田です。
今回は、業績を改善するためのヒントを得るために、変動損益計算書
の中で着眼すべきポイントをご説明したいと思います。
 
ここでいう業績改善とは儲けを増やし、経常利益をより多く残すことをいいます。
そのためには何をすればいいでしょうか。
変動損益計算書の構造で確認してみましょう。
 
第一段階:戦略家としての成績表
Ⅰ売った(売上高)-Ⅱ買った(変動費)=Ⅲ儲かった(経常利益)
Ⅲ儲け(限界利益)を増やすためには、Ⅰ売上高を増やすか、Ⅱ変動費を下げて、
Ⅲ限界利益を上げます。
 
第二段階:管理者としての成績表
Ⅲ儲かった-Ⅳ使った(固定費)=Ⅴ残った(経常利益)
Ⅳ使う経費つまりⅣ固定費を減らす。
 
業績を改善するための着眼ポイントは、3つのポイントになります。
・売上高を増やす
・限界利益率を上げる
・固定費を下げる
業績改善のポイントは、この3つしかありません。
ですから、業績改善のヒントを得るには、この3つのポイントの変化をつかみ取り、
変化の原因を問い続けていくことです。
 
限界利益率とは、先述したようにもう100円売上が増加すると、儲けは追加で
いくら増え続けるかを%で表現したものです。限界利益率が30%ということは、
100円売上が増加すると儲けは追加で30円(100円×30%)増加することを
示しています。
儲ける力を示す限界利益率の変化を確認し、そして増えた理由、減った理由を
考えてみましょう。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.1-oohashi.com/mt/mt-tb.cgi/865

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.