板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

決算賞与の要件

2018/10/11

こんにちは。大橋会計の山下です。
 
最近は上場企業の業績が回復しているようですが、中小企業の関与先様でも利益が出ているところが増えているように感じます。
 
さて、業績が良くなると利益をどのように配分していくか検討することも出てくるでしょう。
 
昨今は人材難もあり人件費に気に掛ける社長様も多くいらっしゃいます。
そのため業績が良い時に決算賞与を出すケースがあります。
 
決算賞与は期末において未払であっても損金として認められる賞与になります。
賞与は基本的には支給時に費用計上、損金扱いとしますので決算賞与は通常の賞与と異なります。そのため損金にするには以下の3つの点を抑える必要があります。
 
  • 支給額を各人別、同時期に支給を受けるすべての使用人に通知する。
 
  • 通知をした金額を通知したすべての使用人に対しその通知した日の属する事業年度終了の日の翌日から1か月以内に支払っていること。
 
  • その支給額につき通知をした事業年度に損金経理していること。
 
通常の賞与は支給日に在籍している社員を対象にしていますが、決算賞与は通知したすべての従業員に対して支給する必要があります。
 
あまり無いかもしれませんが、決算日に通知した場合、支払いを翌月末とすると実際の支給まで1月あります。その間に従業員が辞めてしまい支給日にいなくても決算賞与は支払う必要があります。

この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.1-oohashi.com/mt/mt-tb.cgi/849

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.