板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

おもちゃの交換会@板橋区立リサイクルプラザ

2018/09/28

こんにちは。大橋会計の大坪です。
今日は久しぶりの秋晴れで気持ちの良い天気ですね。
 
先日、板橋区立リサイクルプラザで開催された「おもちゃの交換会」に行ってきました。
板橋区立リサイクルプラザは区のリサイクル施設で、ビンや缶の処理をするゾーンの他に、リサイクル品の販売や回収も行っている施設です。
施設内にはシャワールームもあり、近くの荒川河川敷を運動する方が利用できるそうです。
 
「おもちゃの交換会」は遊ばなくなったおもちゃを無料で引き取ってくれ、その際交換されたポイントを利用し、リサイクルされた他のおもちゃとポイントを使って交換できるというものです。
お昼過ぎに行ったのですが、おもちゃやぬいぐるみの他に、絵本もたくさんあり、もっと早い時間に行けばよかったなと思うほどでした。
我が子は遊ばなくなった乳児用のおもちゃと交換に、トミカの車やトラックのおもちゃと交換ができ、とても喜んでいました。
 
2か月に一度、週末に開催されているそうなので、次回の11月にも行ってみたいなと思います。
 

今週末は台風が来るようなので、外出予定のある方は天気の急変にどうぞお気をつけください。

月次決算と巡回監査の活用で会社の信用力アップをはかる

2018/09/27

こんにちは、大橋会計の鶴田です。
今回は会社の信用力を高める制度として、月次決算とこれに対する月次巡回監査
が必要になりますが、その内容をご説明しようと思います。
 
まず、平成26年2月から適用された「経営者保証に関するガイドライン」です。
こちらは融資を受ける際に経営者が個人保証をしなくてもよくなるためのガイドラインになります。
このガイドラインは法的拘束力があるものではありませんが、
中小企業団体及び金融機関団体共通の自主的に守るべき規則として定められたものです。
ガイドラインでは、「契約者保証なし」の融資を受けるために必要な経営状況として、
中小企業等に以下の3つの経営状況を求めています。
特にⅢで月次決算と会計事務所による巡回監査の活用がその要件として記載されている点に注目下さい。
 

Ⅰ.法人と経営者との関係の明確な区分・分離
   (例)事業上必要のない法人から経営者への貸付は行わない。
Ⅱ.財務基盤
   (例)内部保留は潤沢ではないが、好業績が続いており、借入の順調な返済が可能である。
Ⅲ.経営基盤の強化
   (例)年1回の決算報告に加え、定期的に試算表、資金繰り表等を提出し、業況を報告する。
   なお、開示情報の信頼性の向上の観点から外部専門家による情報の検証を行い、
   その結果と合わせて開示することが望ましい

 
また、税理士が作成する「中小企業の会計に関する基本要領の適用に関するチェックリスト」を
提出要件とした融資制度が創設されています。
また、期中の四半期決算書の提出を義務づける融資制度も創設されています。
 

Ⅰ.中小企業会計関連融資制度(日本政策金融公庫)
    中小企業要領を適用している中小企業に対して、利率を割り引く制度
Ⅱ.中小企業会計活用強化資金
    中小企業に対して、中小会計要領を適用していることを融資条件のひとつとした低利率の融資制度。
Ⅲ.信用保証料率割引制度(信用保証協会)
    中小企業要領を採用する中小企業に対して、信用保証料率を割り引く制度。
Ⅳ.経営力強化保証制度
    中小企業が外部の専門家(金融機関、税理士など)の力を借りながら、
    経営改善に取り組む場合に信用保証協会が保証料を減免する新たな保証制度。
    中小企業は、四半期に1回実施状況の報告が義務付けられています。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。

消費増税

2018/09/26

こんにちは、大橋会計の西脇です。
暑い季節が終わり、涼しい日も増え過ごしやすくなってきましたね。
 
気づけばもうすぐ10月。消費税率が8%から10%に上がるまであと1年となりました。何回か先延ばしに
されてきましたが、おそらく今回は先延ばしはなく増税になると思われます。私たちの立場からみれば、
10万円のものを購入する場合、消費税率8%の時には10万8千円で購入できたものが、消費税率10%に
引き上がると11万円支出しないと購入できないので、大きな影響が出てきます。
 
その影響を受けてか、今回は一律10%に引き上がるというわけではなく、8%のままでよいとされている
取引形態もあります。軽減税率と呼ばれているものです。
 
飲食料品
飲食料品とは、食品表示法に規定する食品(酒類を除きます。)をいい、一定の一体資産を含みます。
外食やケータリング等は、軽減税率の対象品目には含まれません。
 
新聞
新聞とは、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回
以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものです。
 
 
軽減税率の情報は今後詳しくお伝えしたいと思います。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2018年9月>>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.