板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

資金繰り表を把握しよう

2018/05/16

こんにちは、大橋会計の鶴田です。

今回は、貸借対照表からの会社の資金繰り状況を把握する方法についてです。
早速、ご説明したいと思います。
 
資金繰りは、通常の損益の概念と異なり、実際に資金が増減する動き、
すなわち通帳の資金の増減を表します。
資金は、さまざまな資産に形を変え、さまざまな支払に充てられて支出されます。
また、資金は儲けの分をだけ増えながら回収され預金に戻り、
また借入金などの資金調達により手元に入ってきます。その資金増減の理由、
資金が増減するに至ったストーリーを
貸借対照表科目の2期比較から読み取ることができます。
 
資金の調達源泉を表している負債・純資産の部から、前年同月との比較を見ていきましょう。
資金の調達源泉である負債科目の1年間の増減金額というのは、
新たに資金を借りた(調達した)金額資金、もしくは、返した(返済や支払いをした)金額、を表すことになります。
例えば借入金の科目残高が増加していれば、会社は新たな借入を行うことで資金を調達したこととなり、
逆に減少していれば、会社は1年間で借入金を返済し、
その分手持ち資金を減少させる影響を与えたということが読み取れます。
また、純資産の部の増加は、新たに稼ぎ出した利益を貯めこんだことで資金を調達した金額が表示されています。
 
次に資産の運用形態を示す資産の部を見ていきましょう。運用形態である資産の1年間の
増減額というのは、他の資産から資金の姿に戻った金額、もしくは新たに他の資産に使った
金額を表すことになります。たとえば、棚卸資産の科目残高が増加していれば、
会社は新たに資金を使って在庫を購入し在庫を積み増したこととなり、
逆に減少していれば会社は在庫を圧縮して資金化し、
その分手持ち資金を増加させる影響を与えたということが読み取れます。
そして最終的に資金の残高がどうなったか、つまり資金が増えたのか、減ったのかその増減額が表示されます。
 
以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.1-oohashi.com/mt/mt-tb.cgi/756

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.