板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

確定申告の季節がやってまいりました

2018/02/08

 つい最近年末にブログを書き、年末調整の時期ですねとお話ししていたと思ったのですが、あっという間に1年の1/12が終わり2月ですね、早いものです。
そして2月と言えば今度は確定申告の季節です。期限は3月の15日までとなりますが、提出は2月の16日から可能です。直前になって慌てるよりも2月中に提出するというスマートな経理を目指しても良いかもしれません。
 
確定申告と言えば今多くの方が気になっているのが仮想通貨にかかる税金の額でしょう。
弊社にも仮想通貨の税金に関してのご質問のお客様が例年からは思えないほどに増えております。
最近ではコインチェックのNEM(XEM)の流出問題等で話題になり、その際に本来のXEMではなく現金での返済が発表され、多くの方が確定申告をしなければならないのかと話題になりました。
仮想通貨は仮想通貨のままだと所得税はかからないけれども、現金や商品の決裁に使用された際に所得と見なされて税金がかかってきます。例えば100円で取得した仮想通貨の価値が100万円になろうとも200万円になろうとも、それは所得としてみなされませんが、しかしそれを100万円に換金したり、100万円の商品の支払いに利用した場合仮想通貨の取得時の価格との差額が所得金額となり課税対象となります。
 
今回のお話しでは、XEMのまま返却されていれば税金のかからない投機資産として更なる成長を見込めたかもしれなかったのですが、一度現金として返されてしまった場合、その時点で所得としてみなされて課税対象となってしまい、払わなくてよかった無駄な税金を支払うはめになってしまうのではないかという事です。
 
今回の件は例に見ない大事件ですので国税局としても対応は現在模索しているようですが、例え今回返金されたとしても、その所得は今年度分の物となりますので2019年の3月まで猶予はあります。今しばらく状況を注視する必要がありそうですね。
 
それでもまだまだ成長が見込める業界ですので、これからも当ブログで少しずつ記載できればと思います。

この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.1-oohashi.com/mt/mt-tb.cgi/697

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.