板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

法人設立時における提出書類の期限について

2017/09/01

 早いもので本日から9月になりました。私的には8月31日が終わると
「ああ…今年も夏が終わったな…」という気持ちになります。8月31日と9月1日の間に劇的な変化がある訳でもないのですが、たった1日でも8月と9月では明確な違いがあるような気がします。
 
という訳で今回消費税はお休みで、提出書類の期限についてお話しします。
たった1日、されど1日、この期限を過ぎるだけで提出書類は受け取ってもらうことが出来なくなります。提出できなかったことによるデメリットは計り知れず、しっかりと提出期限を把握し出し忘れの内容に心がけましょう。
 
今回は初めて法人を設立した企業が提出しなければならない【設立に関する各種届出事項及び提出期限】について。
設立したての法人様はなにかと忙しくて大変でしょうが、法人設立をした場合には、以下の届出書及び申請書を期限内に提出しなければならないこととなっております。
 
・税務署
①法人設立届出書・・・会社設立後2か月以内
②法人青色申告の承認申請書・・・会社設立後3か月を経過した日
③棚卸資産の評価方法の届出書・・・確定申告書の提出期限
④減価償却資産の償却方法の届出書・・・確定申告書の提出期限
⑤給与支払事務所等の開設届出書・・・支払事務所開設の日から1か月以内
⑥源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書・・・特例をうけようとする月の前月末まで
 
・都道府県事務所
①法人設立届出書・・・会社設立後1か月以内(各都道府県によって若干異なる)
 
 
・市町村役場
①法人等の設立申告書・・・会社設立後2か月以内(各都道府県によって若干異なる)
 
 
次回からは再び消費税講座に戻りますが、随分と時間が開いてしまいましたので、改めて復習するように頑張ります。

布施

この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.1-oohashi.com/mt/mt-tb.cgi/596

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.