板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

社会保険料の未払計上

2017/08/17

こんにちは。大橋会計の山下です。
 
最近は決算書の正確性を確保するために中小会計要領を適用して決算を行っている中小企業様も増えている事と思います。
 
その場合、決算時に社会保険料を未払いとして費用計上しているかと思いますが、社会保険料を損金計上出来るのは月末決算の法人に限られます。
 
20日決算の法人等、月末に決算日を持ってきていない法人は社会保険料の損金計上が出来ないという事です。
 
なぜでしょうか?
 
これは健康保険、厚生年金といった社会保険料は月の末日の在籍者に適用されるため、20日決算の法人等の場合は決算月の末日にならないと決算月の社会保険料の支払債務が確定せず損金計上が出来ないという事になります。
 
見積り計上も出来ないので月の途中で決算を迎えられる法人様は気を付けて頂ければと思います。

この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.1-oohashi.com/mt/mt-tb.cgi/584

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2017年8月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.