板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

一粒万倍日

2016/12/27

みなさんこんにちは、大橋会計の滝です。
 
いよいよ今年も終わりですね。
来年がみなさんにとって良い一年になりますように。
 
年の初めにお財布を買い替える方もいらっしゃるかと思いますが
そのタイミングに最適な日をピックアップしてみました。一粒万倍日です。
 
一粒のもみが万倍にも多く稲穂になる日という意味だそうで、
新しいことをスタートするのにもっともよい日と言われています。
 
反対に、借金や縁起の悪いこともこの日にはじめてしまうと
万倍になってしまいますのでお気を付け下さい。
 
 
2017年の一粒万倍日一覧
1月・・・1日、13日、16日、25日、28日
2月・・・7日、12日、19日、20日、24日
3月・・・3日、11日、16日、23日、28日
4月・・・7日、10日、19日、21日、22日
5月・・・1日、4日、5日、7日、16日、17日、28日、29日日、22日
6月・・・11日、12日、23日、24日
7月・・・5日、6日(一粒万倍日+天赦日)、9日、18日、21日、30日
8月・・・2日、12日、17日、24日、29日
9月・・・5日、13日、18日(一粒万倍日+天赦日)、25日、30日
10月・・・7日、10日、13日、22日、25日
11月・・・3日、6日、7日、18日、19日、30日
12月・・・1日、3日、14日、15日、26日、27日
 
私は2017年の目標に日記と家計簿をまめにつけようと思っていますので
早速1月1日から始めてみようと思います。
 
よいお年をお迎えください。
 
 

 

相続とは

2016/12/26

 こんにちは。大橋会計の神田です。年末でお忙しい時期かと思います。
 今日は、相続とは何かということについて書かせて頂きます。
世の中にあるモノには、全て持ち主がいます。モノを売ったり買ったりした時、あげたり貰ったりした時、その持ち主が変わります。ところがその持ち主が亡くなった時、その持ち主の所有していたモノは、実質的に誰の物であるか所有者がいない状態となってしまいます。この財産の新たな所有者を決める仕組みが“相続”です。
そして、“亡くなった時”と書きましたが、相続の開始原因には3つあります。1つ目は、民法でも書かれている通り、死亡です。2つ目は、ある人が7年間行方不明である場合、家族などが裁判所に失踪宣告という請求をし、家庭裁判所から失踪宣告が認められると、その行方不明者は死亡したとみなされます。3つ目は、海難・遭難事故などで遺体がみつからなかったが、警察や海上保安庁などが死亡したと断定した場合(認定死亡)というケースです。
これら3つの内どれかに当てはまる時、亡くなった方の財産の次の所有者を決めるために、よく言う“相続発生”となっていきます。

相続における土地の評価

2016/12/22

  みなさんこんにちは、大橋会計の中里です。
 
  最近、「この世界の片隅に」という映画を見て号泣いたしました。
 
  さて、今回は相続における土地の評価に関して、価値が上がる場合と
  下がる場合にはどんなものがあるのかを書いていこうと思います。
 
  ①価値が上がる場合
  ・土地の側方や裏面も道路に面している
  ・大通り沿いに面している
 
  ②価値が下がる場合
  ・土地の形が不整形
  ・土地が長細い
  ・無道路地である
  ・土地や建物を貸し付けている
  ・接している道路が都市計画道路の場合
 
  お客様の土地の評価も請け負っておりますので、ご興味がありましたらご連絡下さい。
  本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2016年12月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.