板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

カヌー

2016/08/31

こんにちは。
先日、子供会の行事で、カヌーをしてきました。
オリンピック競技でもあったので、子供たちも
カヌーに興味津々。
大人もできますよ、という声に思わず、
わたしもやってみたいのですが~…と手をあげてしまいました。

カヌー…
小学生以来でしたが、とても気持ちよく
乗り込みはゆらゆらしてましたが、乗りこなせてた
と自画自賛です。
わたしはお恥ずかしながら、泳げないのですが( ̄* ̄)、
そのギャップ?で、海、川、プールは好きです(о´∀`о)

何事も経験。
子供にもそうですが、自分自身もまだまだたくさんの新しい体験を積み重ねたいと思ってます♪

国産線香花火

2016/08/30

 こんにちは。大橋会計の藤岡です。

先週土曜日に初めて浅草橋の花火問屋へ行ってきました。
少年野球チームの懇親会で花火大会をするため、大量の花火が必要だったので
問屋さんへ足を運びました。
問屋さんには、国産のさまざまな種類の花火があり、見ているだけでワクワクしてしまいました。

購入する花火は問屋さんへお任せしたのですが、どうしても大人用の高価な線香花火が
欲しくて買ってしまいました。
なんと一本あたり約80円の線香花火です。

どんな線香花火なのかとワクワクしながら火をつけると
繊細な火花で、そして!!手持ち部分2cmくらいまで(持っている指に到達するくらい)
花火が長く続きました!これには本当に驚き、決して高い花火ではない大満足の線香花火でした。

この線香花火はやみつきになりそうです(^^♪
もう夏は終わりですが、国産の線香花火いかがですか?

4516755758005[1].jpg
 

相続税の基礎知識 19回目【遺言の活用方法 ④】  

2016/08/29

こんにちは、大橋会計の木村です。
今回も前回に引き続き、遺言活用方法④としまして
「遺言を無視した場合」についてお話しします。
 
遺言は、死亡した人の最後に意思表示です。遺言内容は原則として尊重しなければなりません。しかし、その相続財産を実際に活用するのは相続人です。どの財産を誰が受け取るか、相続分をどう分けるかは遺言者の意思どおりに行うのが原則ですが、相続人が話し合い、全員がその変更に合意すれば、遺言者の指定内容とは異なる遺産分割をすることもできます。
 
ということは、いくら遺言を残しても相続人の意思でその内容が実現しないこともあるということです。
 
では、遺言者は自分の意思どおりにするためにはどうしたらよいのでしょうか?
遺言書に意思を尊重してほしい旨を書き残すか、遺言執行者を指定しておくかしかありません。

遺言執行者は原則、遺言書通りに執行する義務があるからです。しかし、相続人全員の合意による分割案がまとまった場合などは、遺言執行者も相続人の意思を尊重して追認する場合もありますので、特定の相続人に多くの遺産を渡したい場合はやはり生前贈与をした方が確実です。
 
遺言の作成をご検討されている方は是非当事務所までご連絡ください。
次回もよろしくお願いいたします。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2016年8月>>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.