板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

固定残業代

2016/01/29

こんにちは。大橋会計の和田です。

今日も寒いです。雪が降るかもしれないということで、交通機関の乱れには注意がひつようですね。

1)固定残業代とは?

固定残業代は、実際の残業時間の有無や時間数にかかわらず、一定時間数の残業代を毎月定額で支給する方法で、残業代を計算する手間が省けるうえ、人件費の総額が把握しやすいというメリットがあります。

ただし、この制度の導入にあたっては、固定残業代の取扱いについての規定を就業規則や雇用契約書などに明示しなければなりません。その場合、「営業手当」「特殊手当」など、残業代と分りにくい名称ではなく、残業代とわかるように明示する必要があります。

具体的には、固定残業代に該当する賃金項目(例:残業手当、みなし残業手当)、それが残業代に相当する旨、その金額とそこに含まれる残業時間をきちんと記載しなければなりません(例:固定残業手当25千円〈残業20時間分〉)。

 

2)最近の裁判の傾向

固定残業代を巡る最近の裁判では、実際の残業時間に基づいて計算した賃金が、固定残業代を上回る場合には、その不足分を追加支給する必要があるとしたうえで、追加支給されていない場合には、固定残業代そのものの有効性が否定される可能性があります。就業規則等の整備とともに、その運用状況を踏まえた総合的な判断が行われているようです。

行列のラーメン

2016/01/28

 こんにちは大橋会計の角田です。
暖冬はどこへ行ったのだ!というぐらい寒い日が続き、数日の暖かいのも束の間で明日からまた寒くなるそうです。
 
今日はラーメン屋さんの紹介をします。
環八を練馬区に入ってすぐの平和台にある、豚の顔したおじさん?の絵がありいつも行列ができているラーメ屋さん「麺処いのこ」。
先日、平和台店を訪れたのですが閉まっていたので、去年夏にオープンした下赤塚店に行ってきました。
こちらも店内で待つほどの人気。
味玉ラーメン・チャーシュー丼・水餃子を注文。シェアしていただきました。
ラーメンは麺が細麺・太麺選べるので太麺を注文。味が濃くこってりしたラーメンでした。
水餃子は想像していたものとは違いお饅頭のような形でした(笑)。
 
地元近辺のラーメン屋さんはある程度行ったので、今年はエリアを変えて行けたらと思っています。
 
http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132204/13185474/
 
 
 

扶養控除等申告書の提出。

2016/01/27

こんにちは。大橋会計の山下です。
 
今月末は法定調書や償却資産の申告があります。今年は休みの関係で2月1日が期日ですが。
 
その前に多くの会社様は年末調整を終えていることかと思います。
 
年末調整の時には扶養控除等申告書を拝見させて頂くのですが、この書類は年の最初に給与の支給を受ける日の前日までに会社に出します。
年末に書類を受け取っている方が多いのではないでしょうか?
 
中途採用の場合は同じく就職後の最初の給与が支給されるまでに提出します。
 
さてこの書類、実は非常に大事なものでして年末調整を行うために必要になるのは当然ですが、諸控除を受けるためにも必要なものになります。
 
控除対象になる配偶者や扶養親族がいないから書かなくて良いというものではありません。
 
提出が無い場合はどうなるのか?
 
給与計算をしていると通常88,000円以下の場合は源泉所得税の徴収がありませんが、これは上記書類の提出があるので甲欄という税率を適用しているためであり、無い場合は金額が少額であっても源泉徴収が発生します。
 
良くあるのは2カ所以上で働いている方です。扶養控除等申告書は主たる勤務先に提出しているので他のところでは提出が出来ません。その為、乙欄という税率で源泉徴収税額を計算して源泉徴収を行っていきます。
 
日雇いの方は丙欄という税率を適用しますが、複数掛け持ちのアルバイトの方なんかは一か所甲欄で他は乙欄で計算しているかと思います。その場合は全ての源泉徴収票をもって確定申告となります。
 
いずれにしても主たる勤務先が1つの方は必ず扶養控除等申告書を提出しておかないと源泉徴収税額も高くなりますし、年末調整も出来ませんので会社からも提出を促すようにする必要があります。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2016年1月>>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.