板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

経営者の良きパートナーとしてお客様の夢をサポートします!! 税理士法人 大橋会計 都営三田線 志村坂上駅より徒歩1分

無料相談実施中 0120-916-740 受付時間 9:00-18:00(平日)つながらないときは03-3966-0826へ

  • HOME
  • 私たちのこと
  • サービスのご案内
  • 私たちの実績
  • 採用情報
  • お問合せ
  • HOME
  • 事務所通信
  • 軽減税率の導入で請求書・レシートの記載が変わります

軽減税率の導入で請求書・レシートの記載が変わります


 消費税の軽減税率が導入されると、取引ごとに適用される税率(10%と8%)を区分経理する必要があり、
現在の請求書の記載事項に新たな事項を追加する必要があります。

 ①2019年10月1日からは、簡易な措置として、現行の請求書の記載事項に「軽減税率の対象品目である場合は
その旨」「税率ごとに合計した対価の額(税込)」を追加した「区分記載請求書等保存方式」が導入されます。

 ②2023年10月1日からは、「適格請求書等保存方式」(インボイス)が導入され、請求書の記載事項に、さらに
「発行事業者の登録番号」「税率ごとに合計した対価の額(税込又は税抜)及び適用税率」「税率ごとに合計した
消費税額」が追加されます。

以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には、事務所通信<詳細版>を送らせていただきますので、
当事務所までご連絡ください。
事務所通信フリーダイヤル.png