板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

経営者の良きパートナーとしてお客様の夢をサポートします!! 税理士法人 大橋会計 都営三田線 志村坂上駅より徒歩1分

無料相談実施中 0120-916-740 受付時間 9:00-18:00(平日)つながらないときは03-3966-0826へ

  • HOME
  • 私たちのこと
  • サービスのご案内
  • 私たちの実績
  • 採用情報
  • お問合せ
  • HOME
  • 事務所通信
  • 月次決算データは経営者と社員、金融機関、会計事務所との共通語

月次決算データは経営者と社員、金融機関、会計事務所との共通語



 月次決算は、毎月の業績をいち早く掴み、経営に役立てるものですが、月次決算データを経営者だけが利用する
のではなく、経営者と社員、金融機関、会計事務所と間で業績を見るための共通語として経営に活かしましょう。

 月次決算データを共有化することで、経営者と社員が同じ方向を向いて営業活動に取り組むことができます。金融
機関に対しては、経営状況を経営者が説明することで、金融機関からの信頼が高まります。会計事務所との間で、
月次決算データを対話ツールとして活用し、的確なアドバイスを受けましょう。

 月次決算データを共通語として経営に生かすには、月次決算の早期化と精度の向上が必要になります。そのため
には、売上、仕入れを早期に掴む仕組みづくりや経費の月割計上、概算計上などについて、自社に合った経理処理
を当事務所とともに検討しましょう。

  以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には、事務所通信<詳細版>を送らせていただきますので、
当事務所までご連絡ください。

事務所通信フリーダイヤル.png