板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

経営者の良きパートナーとしてお客様の夢をサポートします!! 税理士法人 大橋会計 都営三田線 志村坂上駅より徒歩1分

無料相談実施中 0120-916-740 受付時間 9:00-18:00(平日)つながらないときは03-3966-0826へ

  • HOME
  • 私たちのこと
  • サービスのご案内
  • 私たちの実績
  • 採用情報
  • お問合せ
  • HOME
  • 事務所通信
  • 期中(月次・四半期等)の業績検討の重要性~自社の足腰を鍛え、金融機関からの信頼を得る~

期中(月次・四半期等)の業績検討の重要性~自社の足腰を鍛え、金融機関からの信頼を得る~


経営計画(予算)を立てて、業績目標を明確にして営業活動を行いますが、決算直前になって目標と予算との大きな
差異に気付いても、もはや挽回することはできません。目標達成のためには、期中に業績検討を行って、予算と実績
の差異に気付き、その原因を把握し、対策を打つことです。そのため、期中に計画と実績の相違を検証するための
業績管理の仕組みをつくり、実践しましょう。

さらに、その情報を金融機関へ積極的に提供する企業が高く評価される時代が来ています。本誌では、期中の業績
管理によって経営改善に取り組んだ企業の事例を紹介しています。


以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には、事務所通信<詳細版>を送らせていただきますので、
当事務所までご連絡ください。

事務所通信フリーダイヤル.png