板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

経営者の良きパートナーとしてお客様の夢をサポートします!! 税理士法人 大橋会計 都営三田線 志村坂上駅より徒歩1分

無料相談実施中 0120-916-740 受付時間 9:00-18:00(平日)つながらないときは03-3966-0826へ

  • HOME
  • 私たちのこと
  • サービスのご案内
  • 私たちの実績
  • 採用情報
  • お問合せ

残業時間と残業代の計算方法を正しく理解しよう!
 


残業時間と残業代については、誤解が多いようです。法定労働時間「1週間につき40時間、1日につき8時間ま
で」を超えると残業になり、時給単価に25%以上の割増賃金を支払わなければなりません。夜22時から翌朝5時
までの時間帯の残業については、50%以上の割増賃金になります。

法定労働時間内であっても、会社が決めた所定労働時間(例:1日7時間就業など)を超えると残業になり、残業
代を支払う必要があります。ただし、法定労働時間内の残業については、賃金の割増は不要です。

なお、残業代の時給単価の計算には、家族手当や通勤手当、住宅手当などを含める必要はありません。

事務所通信フリーダイヤル.png