板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

経営者の良きパートナーとしてお客様の夢をサポートします!! 税理士法人 大橋会計 都営三田線 志村坂上駅より徒歩1分

無料相談実施中 0120-916-740 受付時間 9:00-18:00(平日)つながらないときは03-3966-0826へ

  • HOME
  • 私たちのこと
  • サービスのご案内
  • 私たちの実績
  • 採用情報
  • お問合せ
  • HOME
  • 事務所通信
  • 損金処理が否認され、役員賞与に認定されるとどうなる

損金処理が否認され、役員賞与に認定されるとどうなる


会社(法人)の事業活動に必要な費用は、経費として処理します。事業活動とは、お金を使って、売上や利益を
得る活動を言います。

したがって、税務調査において、社長が使用する消耗品や提供を受けるサービスの費用が、社長個人の利益に
しかならず、売上や利益の獲得に直接必要でないと認定されると、社長への賞与(給与)とみなされる場合があり
ます。損金として処理していた経費が、例えば、社長への役員賞与と認定されると、新たな税負担(法人税や社長
個人の所得税など)が増えることになります。


会社の経費として損金算入が認められるのは、あくまで事業に関係ある支出に限られ、明らかに事業に関係のな
いもの、社長や役員の個人的な支出とみなされるものについては、損金算入が認められません。

事務所通信下のやつ.png