板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

経営者の良きパートナーとしてお客様の夢をサポートします!! 税理士法人 大橋会計 都営三田線 志村坂上駅より徒歩1分

無料相談実施中 0120-916-740 受付時間 9:00-18:00(平日)つながらないときは03-3966-0826へ

  • HOME
  • 私たちのこと
  • サービスのご案内
  • 私たちの実績
  • 採用情報
  • お問合せ

決算をまたぐ売上計上等の「期ズレ」に注意しよう


今期に計上すべき売上や仕入、経費などを誤って来期に計上したり、反対に来期に計上すべきものを今期に計上
してしまうことを「期ズレ」といいます。

一般に売上取引は、「納品→請求(請求書発行)→入金」といった流れで行われますが、この流れが決算日をまた
いで行われると、売上計上の誤りが起こりやすくなります。例えば、決算日が3月31日、請求書の締め日が毎月20
日の会社が、決算月の3月21日から31日までの売上を4月(来期)に計上してしまうといったことがよくあります。

法人税額に影響するため、税務調査においてよく指摘されるところなので、注意しましょう。

事務所通信下のやつ.png