税理士法人大橋会計|東京都、板橋区、豊島区、練馬区、文京区、北区、台東区を埼玉中央・南部拠点に会計経営をサポート

経営者の良きパートナーとしてお客様の夢をサポートします!! 税理士法人 大橋会計 都営三田線 志村坂上駅より徒歩1分

無料相談実施中 0120-916-740 受付時間 9:00-18:00(平日)つながらないときは03-3966-0826へ

  • HOME
  • 私たちのこと
  • サービスのご案内
  • 私たちの実績
  • 採用情報
  • お問合せ

お客様の声

不二商会(卸売業) 網野 芳郎 様

fuzi1.jpg

不二商会様は、住宅設備機器の卸売業をされていらっしゃいます。

創業60周年という長い歴史の中で構築された地元との深い信頼関係や、突出した財務体質が強み。

社長曰く、「社員が愚直に真面目によく働くから」とのことで、「お客様満足度の前に社員満足度を目指す」という言葉が心からのものであることを示しています。


 
―本日はよろしくお願いいたします。早速ですが、社長が当事務所をお知りになったきっかけ、ご依頼を決められたきっかけはなんだったのでしょうか?
税理士変更を検討した際に、弊社の相談役が大橋事務所さんのHPを拝見し、こちらの事務所と出会いました。
できれば若くて新しい事務所がいいと思って探していましたが、やはり歴史も大切だし地元とのしっかりとした繋がりも重要だと思っていました。
色々と要望があり無いものねだりになってしまうんですけれども。
そんな中、弊社の相談役が大橋事務所さんのHPを拝見し、お会いしてみたら先生はこんな良い方だし、お酒も好きだし、意気投合して決めたというところです。
 
―変更を検討された際に、他の事務所と比較などはされませんでしたか?
 
もちろん地元何社かと比較しましたよ。
ただやっぱり私が求めるものとはどこか異なる事務所や先生かなと思うところばかりでした。
決め手はやっぱり大橋先生の人柄ですかね。
fuji.jpgのサムネール画像
 
―.ありがとうございます!実際にサービスを受けられてみて、ご満足はいただけていますでしょうか?

最初は当然齟齬がありました。
今までの事務所さんのやり方に慣れている部分もありましたし、すり合わせが必要な時期もありました。ただその点に関してはしっかりじっくり納得いくまで説明してくれました。

また弊社の体制が本支店会計に変わった時期でしたから、そういったことに対応してくれたのも大きかった。
色々相談したり、私自身の知識がなくて驚いたりしたこともありましたけれど、頻繁なコミュニケーションの中で解決してきています。
先生もまだお若いので、ともに学びながら、という感じで一緒に作ってくださいよ、とお願いしています。


―いつも勉強をさせていただいております・・・。社長にとって、当事務所とお付き合いいただいて最もよかった点は何ですか?

 
いつでもすごくわかりやすく説明をしてくれるところかな。
ですからわからないことがあったらすぐに電話しちゃいます。
社員にもすぐにしろって言ってます。
ただやっぱり社員は、「会計事務所の先生にお電話するなんて・・・」、という遠慮もありますから、そんなにたくさんはしてないのかもしれませんが。
でも、電話した際はしっかりと逐一対応していただいています。私としては敷居なんか気にせずにもっと電話しちゃいなさいよ、と言っていますけどね。できる限り会社のパートナーとしてコミュニケーションをとりたいな、と。

 

―是非ご遠慮なさらず、どんどんお電話ください。それでは、当事務所とお付き合いいただく前と後では、好転した点はなにかありますか?
 
会社の体制自体が変わり、本支店会計への移行に戸惑っていたところを随分助けていただきました。
こんなことを言ったら怒られてしまうかもしれませんが、前の先生は本当に聞いたら教えてくれるだけでしたので、大橋先生から色々なご提案をいただけることも嬉しいです。
事業承継とか持ち株会の設立とか、色々ご提案をいただきます。
新しい会計ソフト(TKC FX4)を入れることもご提案いただいて、ずいぶんやりやすくなりました。

 

―意気投合されたということでしたが、当事務所の大橋の第一印象はいかがでしたでしょうか?
 
大橋先生は、真面目そうな方だな、というのが第一印象。言ったことはしっかりとやってくれそうだな、と。信頼できるな、という感じを受けました。

 

―嬉しいコメントをありがとうございます。私から言わせていただくと、網野社長は二代目の中でも大変なお立場の方。私も二代目なので共感することも多いです。自分自身の思っていることをやっていただけるように、意志を貫いていただけるように、精一杯サポートしていきたいと思っています。是非、大橋にもメッセージをお願いできますでしょうか?
   
二代目ならではの受け継いだものとプレッシャーとを共有していますから、なにかシンパシーのようなものを感じます。お互い頑張っていこうと。まぁとにかく一番大切なのは「熱心にやること」。私もそうするから大橋先生も一緒に熱心にやっていきましょう。お互いに突っ込みあっていくような、そういう関係を作っていきたい。そうやって、Win-Winな関係のパートナーになりたいと思っています。

 

 

 

ImgTop1.jpg

 

当事務所に関する詳しい内容はコチラ

oohasi.png

事務所紹介

お客様の声

料金表

アクセス

無料相談

HOME